グローバルレポート|独身の日:高級ブランドは中国の巨大ショッピングイベントに参入

BBC 2020年11月14日

  • 世界最大の24時間オンラインショッピングイベントである独身の日、今年の売上はUSD740億という結果になった。パンデミック後の最初のイベントとして中国経済が健全であるかを占う指標となった。昨年の11月11日には19億の商品が発注され、配送されている。11.11もしくはDouble11として知られている独身の日、元々はアリババがロマンチックなバレンタインデーのアンチテーゼとして独身を祝うために始まった。アリババのライバルであるJDComも同様のイベントを開催するも、アリババの独身の日は商品、そして収入の面ではるかに大きい。堅調な売上にもかかわらず、中国のインターネット大企業は今週政府により彼らの力を削ぐ方向に向かう新たな独占禁止法に直面していると言われている。アリババの株価は香港にて10%の下げを記録した。
  • 今年の大きな違いは多くのラグジュアリーブランドの参加である。従来彼らはイメージダウンを恐れ、ディスカウントのショッピングフェスティバルには慎重だった。しかし、今年は西側諸国の市場での売上不振から、初めて独身の日に参加した。カルチェはTaobao Liveで初めてライブストリーミングショーを行いUSD28.3百万のネックレスを80万人の視聴者に見せた。「グローバルブランドは彼らの収入をあげるため多様な方法を模索している。中国のように素早く回復したマーケットは彼らブランドにとって収入を拡大するための良い機会を提供します」と小売アナリストは言う。それは高級ブランドにとってロックダウンで売れなかったSS商品を売り切る良いチャンスだった。クロエは独身の日に初めて参加し、即座にハンドバックは売り切れとなった。
  • 中国は唯一うまくいっているマーケットとして海外ブランドにとって今や非常に重要だ。これは今までサードパーティープラットフォームに消極的であったいくつかのブランドがついにこの時流に乗ることを促した。高級ブランドは多額のディスカウント無しでこの巨大な組織に加わることができることがわかった。しかし、多くの視聴者とブランドの価値を共有することになった。これが今年ディオールが初めて行ったことだ。
  • COVID19の拡大による死への恐怖が高級品売上に影響を与える一つの要因であると香港バプティスト大学ビジネススクールのリー教授は述べた。研究によると死のリスクに直面した時、我々は心(内因性動機付け)に従い、本当に愛するもの、欲しい物を得ることに集中する。心配することをやめ、「その時を生き」、多くを買う。しかし、高級品ではない普通のブランドは、多くの顧客獲得のためE-コマースプラットフォームでは大幅な割引提供を強いられている。これはまさに顧客獲得のためマージンに打撃を与えるという、猫とネズミの複雑なゲームのようだ。またお金のある消費者はさらに良い条件を求めることになる。

0コメント

  • 1000 / 1000