グローバルレポート|2021年1月ツーリストの到着数は87%減に。UNWTOはツーリズム回復のための強力な調整を求めている。

UNWTOプレスリリース 2021年3月31日

困難な2020年が終わり、世界のツーリズムは新たなウイルスの拡大により各国が旅行制限を強化したため、年明けよりさらに厳しい状態となっている。直近のUNWTO世界ツーリズムバロメーターによると、世界全ての地域で今年1月は引き続き到着数が大きく減少。強制検査、検疫、場合によっては国境封鎖がなされ、それら全ては海外旅行回復の障害となっている。さらにワクチン接種のスピードは予測よりも遅く、それがツーリズムの再開を遅らせている。

  • 全ての地域で大きな打撃 : アジア太平洋地域(-96% )は1月の海外旅行者到着数減少が最も大きく、引き続き旅行制限レベルが最も高い地域となっている。ヨーロッパ、アフリカは共に到着数85%減、一方中東は84%減となった。アメリカの1月の海外旅行者数は77%減。昨年の第四四半期は少し良い結果となっている。UNWTOの事務局長は「2020年はツーリズムにとって最悪の年でした。2021年をより明るい年にするには素早く、そして強い行動をとらなくてはなりません。何百万もの生計と、企業はそれに依存しています。各国間でのより良い協力、調和の取れた旅行、健康プロトコルはツーリズムの信頼回復には必要不可欠で、北半球での夏のピークシーズン前に安全に海外旅行ができるようにしなくてはなりません。」と述べている。
  • 2021年の見通し : 2月初旬段階で世界の旅行目的地の32%が完全に閉鎖となっており、UNWTOは2021年グローバルツーリズム、最初の数ヶ月は厳しいと予測している。現在のトレンドを元に、UNWTOは2019年同時期と比較し、2021年の第一四半期旅行者到着数を85%減と予測している。これはパンデミック以前と比較し、海外旅行者到着数260百万減を示している。UNWTOは今年の下半期に海外旅行の回復を考慮し、2つのシナリオを予測している。これらは旅行制限の大幅な解除、ワクチン接種の成功、ECによるデジタルグリーン証明書のようなプロトコルの展開などに基づいている。最初のシナリオは7月の回復。2020年と比較して海外旅行者到着数が66%増となる。この場合、到着数は2019年と比較し55%減という結果。2番目のシナリオは9月に回復。昨年比で22%増となるが2019年比では67%減。

0コメント

  • 1000 / 1000