グローバルレポート|パンデミック後の旅行のトレンド:ワクチン証明書を武器に、旅行者はリベンジ旅行へ

ファイナンシャルエクスプレス 2021年4月26日

パンミックは我々が想像もしなかった方法で旅行業界に革命をもたらした。ホテル入り口での手の消毒からフライト時のPPEキットまで、ロックダウンや接触をトレースするアプリケーションと、旅行はいまや新たな付属品が必要になっている。国境閉鎖、フライトキャンセルで国内外を問わず旅行は停止状態に、COVID19感染急増でUNWTOは制限を提示。ロックダウンが解除になるやいなや、人々は旅行の準備をした。何人かは仕事で、そして他の人々は1年間家に閉じ込められていた後に休暇を予定。旅行代理店、ホテルは衛生状況の安全をうたい、多くの人が休暇を予想している。「リベンジ旅行」が現実となる中、この自由はむしろ短期間となった。2021年はコロナウイルスの第二波により、再度人々は家にいることを強いられている。

リベンジ旅行

世界がパンデミックと戦っている中、海外旅行が普通に戻ることを強く望む声が高いが、それは1、2年はかかるかもしれない。海外旅行が停止されるなか、国内旅行は多くの旅行者にとっては天国となる。世界中でワクチン接種が進む中、旅行者のワクチン状況の証明が進捗している。ワクチン証明書はお気に入りの休暇目的地で1ヶ月にわたる休暇のパスポートとして運用されるだろう。1ヶ月?そうです。コロナウイルスの長い検疫期間の回答として、世界の旅行者は今は長く、より遠く、そしてより豪華な休暇を計画している。結果、世界の「リベンジ旅行」は2021年夏以降にかけて人気となるだろう。

リベンジ旅行は一旦第二波がおさまったら盛んになるだろう。今はいつ確実にそうなるかは誰も言えない。しかし、旅行マニアは前向きに次の目的地を探している。パンデミックの中、理想の旅行目的地を提案する多くの記事を我々は見た。リベンジ旅行者はワクチンが有効となり、彼らのレジャーの休暇を心から願っている。

高い衛生基準と期待

COVID19後の旅行者は目的地の都市、地域、滞在先での健康、衛生基準に非常に気を使い、注意深くなる。歓迎するサービスへの期待は以前よりも高く、旅行し、滞在するのを決める鍵は旅先での安全性となる。体温チェック、赤外線レーダー、スタッフの健康チェック、安全性、健康証明はCOVID後に旅行者を魅了するプラットフォームとなる。旅行者のワクチン証明書で安全を確保することは航空会社、ホテルなどで必要となるかもしれない。もう一つの安全な旅行とは大きなグループで旅行するのではなく、小さなグループ、もしくは一人で旅行すること。またインドアの活動より、旅行者はアウトドアの活動、たとえば農園の訪問や、サイクリングなどを好むかもしれない。また食べ物も旅行の大きな要因になる。旅行者は美味しく、オーガニックで衛生的、健康的な食品を提供するところを好む。

旅行の関係

1年以上にも及ぶ制限は心を育む。現在の関係、家族、友達との絆を取り戻すばかりでなく、新たな出会いも模索。COVID後のツーリズムは関係、会話、ハーモニー。長い間できなかった家族旅行の準備、コミュ二ティーの集まりの年と2021年はなるだろう。

健康、ウエルネス、スピリチュアル旅行

パンデミックのおかげで人々はかつてないほど健康に注意するようになった。健康思考か、ウエルネスプログラムか、豪華なトリートメントを望むかにかかわらず、孤立した生活の1年後に、旅行者は肉体、精神、そしてスピリチャルの健康を追求。

サステナブル旅行

COVID19の後、我々は次の世代に向かって考えなくてはならない。COVID19は環境破壊がいかに将来にひどい影響を与えるかの印であり、地球と人類を救う責任は我々にかかっていることを教えた。旅行者は短期旅行でのフライトをさけ、二酸化炭素排出をおさえようとする。彼らが選択するホテルのブランドに気をつかう。理想のホテルブランドとは持続可能性の原則に準じているもの。

エコトラベル

エコトラベルは益々人気に、2020年には注目すべきトレンド。しかし、パンデミックが全ての計画を邪魔し、この新たな旅行のトレンドは旅行者をまだ知られていない自然の場所へといざなう。EVを予約し、エコロッジに滞在し、オーガニック食品を食べ、太陽発電を使用する、このようなエコ旅行が世界の二酸化炭素を削減し、ツーリズム業界を助ける。2020年はまた仮想、および拡張現実旅行、一人旅行、休暇場所での仕事などのトレンドを広め、2021年もこれらは継続するだろう。2021年は旅行にとっエキサイティングな年となりバックパック振り落とし、カレンダーに予定を入れよう。

0コメント

  • 1000 / 1000