グローバルレポート|Alpha世代に会う:今までで最も狡猾なラグジュアリー消費者?

Jing Daily  2021年6月2日

ラグジュアリー業界は次のラグジュアリー消費者の準備が出来ているのか?

  • 現在Z世代の購買力が花開いている。中国ではラグジュアリー商品の約15%がこの世代によるものと言われている。では次に来るのはどの世代か?それはAlpha世代。彼らは2010年から2025年の間に生まれている世代。彼らはミレニアム世代の子供達で、前世代と比較すると非常に進んだ消費を知り、マーケットに参入してきている。両親の快楽的価値観を受け継ぎ、彼らとともにショッピングモールに行く事が普通で、インドアの遊び場としてモールに行き、ラグジュアリーブランドを身近に見ている。また何をやるにもデジタル。調査によるとCOVID19パンデミックの期間中、子供達は1日4時間36分スマホをいじり、ライフスタイル、ファッション、ラグジュアリーのインスピレーションを得ている。2020年の調査によると彼らの親たちは子供を食べさせ、着させ、遊ばせるために収入の30-50%を費やしている。Alpha世代はまた購買決定に大きく影響を与えている。Alpha 世代がラグジュアリー消費者に将来なるのは間違いない。
  • 意識:ラグジュアリーブランドはAlpha世代に対して彼らが親しみやすいブランドとパートナーを組み、彼らに近づくことができる。KFCx Karl Lagerfeldコラボはパッケージも含めラグジュアリーブランドのイメージを低減させるかもしれない。しかし、これにより新たな消費世代に接触することも可能となる。
  • 関係性:ラグジュアリーブランドは早くからブランドの意味を紹介できる。BMWの子供向交通安全教育は学校の子供達に対して道路の安全教育を推進する。多くの子供にとって高級車ブランドに接近する最初の機会となる。成功すれば有意義なラグジュアリーブランドとの関係構築の最初となる。
  • ブランディングメッセージの中身:ソーシャルメディアへの態度は世代により異なる。ラグジュアリーブランドはデジタルコンテンツを若者向けにも開発する必要がある。BMWは「馬力の歴史」というショートフィルムを制作。これは若いユーザーに人気のビデオシェアリングサイト、Bilibiliで作成された。

多くはAlpha世代はその確かな自信、独立性により定義されると考えているが、社会的価値観の変化は彼らの考え、感じ方、行動に影響を与える。今は高級ブランドは急速に進化する現代の中国消費社会に深く根差していることを忘れず、次世代のバイヤーを積極的に迎える準備が必要。

0コメント

  • 1000 / 1000