アジア各国の年末旅行先は「東京」が検索人気No.1!

【USPジャパンの視点】

① 直近のエクスペディアの旅行先検索結果は、コロナウイルスの影響を反映して「夏は国内」、「冬は国内+海外」というランキングとなった。(夏:8~9月、冬:12~1月)

② 一方全世界的にビーチリゾートの検索が多くなっており、これは閉塞感のある現状の生活に対して「旅行における開放感」を求めていることが想像される。

③ 相変わらずアジアにおける「東京」の人気は高く、タイ、台湾、シンガポール、香港において年末年始の検索ランキングで海外旅行先1位にランクインしている。

④ 現状の感染者数等を考慮すると年末の訪日は厳しいと思われるが、その後の訪日制限解除以降の傾向を測る参考となり、台湾・香港のツーリストが東京などを賑わす日も見え始めたと考える。



【記事の概要】

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディアは、夏季休暇にあたる2021年8月~9月と、年末年始休暇にあたる2021年12月~2022年1月の期間にて、世界各地で検索されている旅行先を調査しました。

2つの休暇期間を比較すると、夏は国内の旅行先を探しているのに対して、年末年始は海外旅行を検索している人が世界的にも多くいることが明らかになりました。

季節に関わらず、世界的に「ビーチリゾート」で過ごしたい人が多いことが明らかに

海外旅行者数が増え始めているアメリカは、メキシコのカンクンが人気で、夏休みの検索では2位、年末年始の検索では1位でした。さらにヨーロッパでは、夏休みの検索はスペインのマヨルカ島が人気で、ドイツとフランスでランクインしています。一方、年末年始に多く検索されていたのはモルディブで、イタリアで1位、フランスで2位、ドイツで4位という結果でした。

また、オーストラリアは国内のビーチリゾートであるゴールドコーストが、韓国では済州島が、それぞれ両シーズンで1位となりました。

アジア各地で日本が海外旅行検索No.1!年末年始に向けて検索

アメリカやヨーロッパに比べて海外旅行再開の兆しが未だ見えないアジア各地では、引き続き国内旅行を中心に検索されています。しかし年末年始の検索ランキングを見ると、海外旅行を検索している人も増えつつあることがわかりました。

特に東京はアジア各地で人気の高い旅行先として検索されており、タイ、台湾、シンガポール、香港において年末年始の検索ランキングで海外旅行先1位にランクインしています。シンガポールと香港では、東京のほかに、北海道や大阪といった日本の他地域もトップ10に入っています。タイと台湾では、ランキングが2つの休暇期間ともに国内旅行で埋まる中、唯一トップ10のランキングに入ったのが東京でした。

今後、新型コロナウイルス感染状況が改善し、入国制限が解除されれば、これらの地域からインバウンド需要が増加することが期待されます。



【引用元】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000224.000003373.html


0コメント

  • 1000 / 1000