「制限解除後にすぐ訪日旅行を!」台湾からラブコール

【USPジャパンの視点】

① BEENOS Travelは、運営する台湾最大級の訪日旅行メディアサイト「旅行酒吧(トラベルバー)の台湾在住ユーザー2,348名に訪日意向に関するアンケートを実施(7月)

② 訪日に向けての準備は「入国制限解除のチェック」「目的地の決定」「訪日メディア閲覧」の順となった

③ いつ日本に旅行したいか、という問いに対しては「台湾、日本の入国制限が解除されたらすぐ」との回答が63%と、相変わらず訪日意欲の高さが伺える

★ もともと親日度が高かった台湾だが、新型コロナウイルス感染症のワクチンの無償供与、東京オリンピック開会式入場の際の「台湾」呼称の放送など、日本への好意が強くなっていることに加えて、今回の調査で3人に1人以上が訪日メディア閲覧の手を止めていないことから、コロナ禍の今でも台湾への絶え間ない情報発信は有効と思われる



【概要】

調査内容 :「訪日に関するアンケート調査」 

調査方法 :インターネットによるアンケート調査

調査期間 : 2021年7月1日~2021年7月15日

調査対象 :台湾在住のトラベルバー会員2,348人が回答 


これまでの訪日体験について

これまでの訪日回数について「6回~9回」「10回~19回」という回答が最も多く、リピーターが多いことが伺えます。滞在期間は7~13日が最も多く、長期滞在する人が多いです。リピーター客を増員するべく訪日客需要に応えた施策が求められます。

訪日旅行への準備について

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、訪日旅行への準備にも変化が見られています。訪日への準備についての質問では、「入国制限が解除されてないかチェック」と回答した人は全体の56%を占めました。

また、訪日旅行に際し、訪日旅行は安全と判断した後、いつ日本に旅行したいか、という問いに対しては「台湾、日本の入国制限が解除されたらすぐ」との回答が63%と、訪日意欲の高さが伺えます。

地域別の結果

都道府県各エリアで訪問したい都道府県の調査では、「北海道・東北エリア」で、70%を超えるユーザーが「北海道」と「青森」に訪問したいと答えており、次いで「秋田」や「山形」が人気を集めています。

「北陸エリア」では「新潟」が69%、「富山」が62%と注目度が高いという結果に。

「中部エリア」では「静岡」が74%と人気が高く、次いで「愛知」と「岐阜」が49%という結果になり、地方部へのインバウンドの取り込みに期待が持てる結果となりました。

「関東エリア」では「東京」が71%、「神奈川」、「長野」が46%となり「東京」への人気の集中が伺えます。

「関西エリア」は80%と圧倒的な人気を集めたのは「京都」で、日本文化を象徴する建造物や文化を楽しみたいお客様が足を運ぶことがうかがえます。

「山陰山陽エリア」では、「岡山」「広島」「鳥取」それぞれが約60%獲得という結果に。

「四国エリア」は「愛媛」と「高知」が同時に62%と支持されており、「九州エリア」では熊本が71%という結果になりました。


【引用元】

https://beenos.com/news-center/detail/20210901_btl_pr/


0コメント

  • 1000 / 1000