豪カンタス航空12月にも日本を含むワクチン接種率が高い国へのフライト再開へ

【USPジャパンの視点】

① 新型コロナウイルスの感染者が拡大傾向にあるオーストラリアだが、一方でワクチン接種率が50%を超えてwithコロナの準備が進んでいる

② オーストラリア政府が目標とするワクチン接種率80%を2021年12月には達成する見込みで、カンタス航空はこれを機に順次フライトを再開する計画だと公表した。

③ これには、シンガポール、アメリカ、日本、英国、カナダ、フィジーをが含まれるとしている

★ 今後オーストラリアだけでなく、各国でワクチン接種の進展状況に合わせて新型コロナの防疫対策レベルを緩和する案を検討すると思われ、国内の飲食・小売・エンタメ・観光 ➡ 国際観光回復のロードマップ開示が期待される


【概要】

カンタス航空は、オーストラリアおよび諸国のワクチン接種計画と連携しながら、2021年12月中旬からの国際線フライトの順次運航再開に向けて準備を進めています。

現状の見込みでは、オーストラリアは連邦内閣が目標とするワクチン接種率80%を2021年12月には達成して、これを機に順次国境の再開が期待されています。

新型コロナウイルスの状況は、突然、変化する可能性がありますが、国際線フライトの再開には長いリードタイムが必要で、カンタス航空は十分な時間をもって準備する必要があります。

この前提および日付が変更になる場合は、カンタス航空の運航再開計画も調整が必要となり、変更がある場合は、お知らせいたします。

オーストラリア政府および諸国の入国にかかる政策次第で、2021年12月中旬より、ワクチン接種者の新型コロナウイルスのリスクが低いと分類され、隔離なく訪問および帰国できる可能性が高い国々へのフライトを再開する予定です。

これには、シンガポール、アメリカ、日本、英国、カナダ、フィジーをが含まれます。

オーストラリア、ニュージーランド間のフライトは、両国間の国境が再開されることを見込み、2021年12月中旬のご旅行のセールを実施しています*。

その他のカンタス航空国際線の運航再開は2022年4月以降で計画しています*。


【引用元】

https://www.qantas.com/jp/ja/travel-info/travel-updates/coronavirus/qantas-international-network-changes.html?int_cam=jp%3Aja%3Ahomepage-promotion%3Acoronavirus-travel-update%3Aja%3Ann


0コメント

  • 1000 / 1000