伝統との新しい接点を訪日観光客へ「京都工房コンシェルジュ」

【USPジャパンの視点】

要約

① 1000年続く京都のものづくりの現場で、伝統工芸品の魅力を実感・再発見できる「京都工房コンシェルジュ」がこの度リニューアルした。

② Withコロナ時代の本格的な観光需要回復期に向けて、訪日観光客にとって安全かつ快適に京都の伝統工芸品に触れることができるように、新しいコンテンツを含めて用意し10月1日に再スタートした。

③ 本物志向で上質な観光サービスを求める旅行者、本格的な伝統の技・魂に触れたいと望まれる「伝統工芸ファン」に職人や工房との“withコロナに留意”した出会いの場を提供する。

解説

★ 「京都工房コンシェルジュ」のリニューアルオープンは、withコロナの観光コンテンツ作りに際して4つの大事なことを教えてくれている。

 一つは「変わらぬwelcome感」、オーバーツーリズム問題で揺れていた京都だが、日本の美しさ・京都の魅力に共感してくれる海外ゲストを迎え入れる心は健在だ。

 二つめが「進化した体験価値」、デジタルが身近になった今、リアルを中心に据えながらもオンラインで伝えられる価値をマックスに引き上げようと挑戦している。

 三つめは「掘り下げた日本らしさ」、伝統の技や魂には「ここまで知ったら終わり」ということは存在せず、フォーカスの仕方や伝え方によって魅力は無限大に広がる。

 4つめは「コロナとの付き合い方」、新型コロナウイルス感染症をやみくもに恨むのではなく、ゲストとのタッチポイントの進化につなげようとすることが重要。



【記事の概要】

 京都には古くから「西陣織」や「京焼・清水焼」といった日本が誇る伝統工芸が多数存在しています。

 そして今日も、伝統工芸に携わる多くの職人が、茶道、華道、能、花街をはじめとする日本文化を支え、現代の暮らしになじむ逸品を生み出しています。

 京都伝統産業ミュージアムでは、2016年に「本物の体験」を望む方々と職人・伝統工芸の工房をつなぐ架け橋として「京都工房コンシェルジュ」を開設し、国内外の多くの方に京都が誇る伝統の技術を体験していただいてきました。普段は一般に公開されていない工房を中心に、実際の制作風景をじっくり見学いただくことで、通常の観光では得ることのできない京都の奥深い魅力を感じることができると大変好評でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、中止を余儀なくされていました。

 しかし、Withコロナ時代の本格的な観光需要回復期を前に、国内観光客・訪日観光客にとって安全かつ快適に京都の伝統工芸品に触れていただけるよう、また、これまでになかった新しいコンテンツをご用意し、10月1日よりリニューアルオープンすることとなりました。

 本物志向で上質な観光サービスを求める国内外の旅行者、そして気軽に本格的な伝統の技・魂に触れたいと望まれる「伝統工芸ファン」に職人や工房との出会いの場を提供いたします。

京都でしか体験できない本物志向の工房をデジタルで提供

 一子相伝の技、新境地に至る技など、伝統工芸士や各界の著名な職人たちによる実演を見るだけでなく、自身も体験することができる大変貴重な機会を提供いたします。

 何度も京都へ足を運んでいる”京都通”も楽しめるよう、本物を体感していただくコンテンツをご用意。

 国内だけでなく、世界に向けて発信し、今後は京都の旅行や観光ツアーの予約、工芸品の購入などを提供できる専門サイトへと充実させていく予定です。

家族やカップルで楽しむ、新たなメニューが登場

「ポスト・パンデミック期には誰と一緒に旅行をしたいか?」への回答は、「配偶者・パートナー」「自分の子供」が圧倒的多数占めています。それらを意識したメニューを新たに追加いたしました。

例えば、富裕層の夫婦やファミリー向けのプレミアムな体験メニュー(1)や、カップルや若い夫婦向けに気軽に2人で楽しめる体験メニュー(2)など、一緒に訪れる人との時間を大切にしたコンテンツを充実させます。

(1)手描友禅|正絹の袱紗ばさみ制作

料金:25,000円

所要時間:2時間程度

(2)京焼・清水焼|マグカップの絵付体験

料金:3,800円

所要時間:30分程度


Withコロナ時代、安心・安全な工房を厳選

国内外のお客様を受け入れるにあたり、新型コロナウィルス感染予防対策を徹底し、実施していただける工房のみを厳選して登録しております。また、各工房には京都市観光協会の「より一層安心・安全な京都観光を実現するための新型コロナウイルス感染症対策宣言(ガイドライン)」による「ガイドライン推進宣言事業所ステッカー」の取得や、実施定員を以前よりも少なくするなどのご協力をお願いしております。

みなさまに安心できる滞在時間のご提供を心がけてまいります。


【引用元】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000077909.html


訪日再開前の今こそ、それぞれのインバウンド対策を!

USPジャパンでは、「戦略構築」から「実践対応」(情報収集、受入れ環境整備、プロモーションなど)まで、事業者さまのインバウンドお取組みを業界随一のエキスパートがサポートいたします。

訪日再開前の今こそ、2022年以降のインバウンド売上獲得に向けた施策準備の絶好機です!

初回ご相談は無料とさせていただきますので、お気軽にお問合せください! 

神林 kan@usp.co.jp 080-3404-6681

0コメント

  • 1000 / 1000