横浜と渋谷が「観光連携協定」を締結、2エリアで大きな魅力を創出

【USPジャパンの視点】

要約

① 10月20日、横浜観光コンベンション・ビューロー、渋谷区観光協会、渋谷MICE協会が、イベントやプロモーション等で相互協力し、集客強化と交流促進を目的に連携協定を締結した。

② 観光地としても魅力的な両エリアをさらに活性化させるために、横浜と渋谷が日本における観光の一大拠点であるというブランドを打ち出し、国内外に強く発信することを目的とする。

解説

★ 日本人はもとより、訪日ゲストにとっても魅力的な街である両者の提携は興味深く、今後どのような連携を行い、いかに一つのエリアとして発信していけるのか注視していきたい。

 訪日ゲストに対する誘客の考え方として、「できるだけエリア連携を行い“面”で魅力を発信する」ということは常套的な発想ではあるが、なかなか今までは実現できていなかった。今回の横浜・渋谷は訪日ゲスト視点ではけっして遠くはないことから、双方の魅力が相乗的に伝えることができれば、今後の誘客の単位としてヒントになるかもしれない。

 旅行代理店や各エリアの観光・小売・飲食等の事業者だけでなく、両エリアを結ぶ交通事業者の参画度合いの強弱が問われることにもなりそうだ




【記事の概要】

 公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー、一般財団法人 渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷MICE協会は、イベントやプロモーション等で相互協力し、集客強化と交流促進を目的に連携協定を締結します。

 新しいカルチャーの発信地であり、国内外の多くの観光客が訪れるスポットが集積する街、横浜と渋谷。観光協会同士の連携が核となり、民間企業や観光施設とも協力し、両エリアを活性化させる面的な事業展開を図ります。横浜と渋谷が日本における観光の一大拠点であるというブランドを打ち出し、国内外に強く発信していきます。


協定の主な内容

名 称:観光振興に関する連携協定

目 的:地理的、文化的親和性を有する横浜と渋谷の資源や特徴を活かし、両エリアの観光事業を発展せしめ、国内外に広く両エリアの魅力を発信する。

期 間:令和3年10月20日(水)から令和4年3月31日(木) 以後、1年間ごとに更新

連携協力内容:

(1)両エリアにおいて実施されるイベント等における、連携したプロモーションに関すること。

(2)両エリアの魅力ある観光スポット・イベント等の、関連するメディアや観光案内所などにおける発信に関すること。

(3)両エリアで開催される国内外のビジネスイベンツの誘致活動や事業運営に関すること。

(4)イベントの企画や、旅行商品造成等の取り組みの推進に関すること。

(5)それぞれの構成員、並びに観光団体等の相互交流、相互理解の促進に関すること。

観光連携全体イメージ

横浜と渋谷の共通の魅力である、カルチャーコンテンツとライフスタイルが融合していくことで両エリアが街ににぎわいを創出し、魅力を相乗的に高めることにより、集客強化、相互送客を図ります。



【引用元】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000019275.html



訪日再開前の今こそ、それぞれのインバウンド対策を!

USPジャパンでは、「戦略構築」から「実践対応」(情報収集、受入れ環境整備、プロモーションなど)まで、事業者さまのインバウンドお取組みを業界随一のエキスパートがサポートいたします。

訪日再開前の今こそ、2022年以降のインバウンド売上獲得に向けた施策準備の絶好機です!

初回ご相談は無料とさせていただきますので、お気軽にお問合せください! 

神林 kan@usp.co.jp 080-3404-6681


0コメント

  • 1000 / 1000