グローバルレポート|バレンシアとボルドーが2022年スマートツーリズムのヨーロッパの都市に選出

The Mayor  2021年10月27日

フランスのボルドー、スペインのバレンシアが2022年スマートツーリズムのEUにおける新たな都市として選出された。同市からの代表は11月16日にブリュッセルで開催される欧州観光フォーラムにて受賞する予定。COSMEプログラムの資金援助により、EUが旅行分野においてEU諸都市で卓越した実績をもつ都市を表彰するもの。具体的には審査員が4つのカテゴリー、アクセス、持続可能性、デジタル化、文化遺産と創造性で候補都市を評価する。

スマートツーリズムは我々がいかにツーリズムを運営するかを再考すること

全体で16か国、30都市が参加。ボルドーと、バレンシアは上記4つのカテゴリーにおいて素晴らしい実績でEUの審査委員に好印象を与えたばかりでなく、2022年予定の活動が高く評価され、他諸都市のロールモデルともなり得る。

2都市は世界で最も訪問者の多い人気の観光地として知られている。世界遺産があり、ワールドクラスの建築、食事でも人気となっている。しかし、2都市の共通点は現地の担当者たちが過去の栄光、ブランドに頼っているだけではないということ。旅行者達のもたらすお金を現代の好みに合う様、新たなサービス、インフラを構築している。

スマートツーリズムのこの2つのヨーロッパの都市は2022年コミュニケーション、ブランドサポートの恩恵を受けることになる。具体的にはプロモーションビデオ、都市中心での専用彫刻、都市のプロフィールをアピールするためのお誂えの促進計画などで、さらに旅行者の数を増やすことになろう。

0コメント

  • 1000 / 1000