SDGsに沿った最高の観光地に 北海道ニセコ町・京都府美山町が認定

【USPジャパンの視点】

要約

① 「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」は、国連世界観光機関(UNWTO)が、持続可能な開発目標(SDGs)に沿って独自の観光事業を行う人口1万5千人以下の地域を表彰する新たな取組み。

② 75か国・174地域の中から44の「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」が選ばれ、日本からは「北海道ニセコ町」と「京都府美山町」が認定された。

解説

★ ニセコ町は「乱開発を抑える景観条例や地元での観光人材の育成、二酸化炭素の排出量削減の取り組み」が評価された。

 美山町は「国の重要伝統的建造物群保存地区である“かやぶきの里”、西日本屈指の天然林“芦生の森”の保存を考えた分散型観光の推進」が選定理由に合致している。

 いずれも一朝一夕の取組みではなく、長期にわたり持続型観光への本気度の強い意思を体現してきた、このことが評価されているとすればとても意義深い認定である。

 「SDGs」は最近のトレンドワードのように見えるが、日本各地で継続して取り組んでいる「自然との共生」と考えれば、取り組みへのハードルは高くない。



【記事の概要】

 12月2日、国連世界観光機関(UNWTO)総会において加盟国の75か国・174地域の中から44の「ベスト・ツーリズム・ビレッジ(BTV)」を発表しました。日本からは北海道ニセコ町と京都府南丹市美山町が選ばれました。

 BTVは地域コミュニティの伝統と文化を保全するために、観光の強みを活かした、地域からの優良事例を求めるべく、持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、地域において新しい形で観光事業を実施する地域を見つけ出すUNWTOの取組です。

 選定された地域はBTVの諮問機関によって以下の9つの評価分野に基づいて評価されました(選定された44の地域は、100点満点のうち合計で80点以上を獲得)。

・文化・自然資源

・文化資源の振興と保全

・経済分野の持続可能性

・社会分野の持続可能性

・環境分野の持続可能性

・観光の可能性と発展、バリューチェーン(価値連鎖)の強化

・観光分野のガバナンス

・アクセス、インフラ

・公衆衛生、安心・安全

この取組は次の3つの柱からなります。

1.「UNWTOベスト・ツーリズム・ビレッジ」としての認証:この認証により、広く知られている文化及び自然資源を有し、地域コミュニティに根差した価値観、商品及び生活様式を保全、促進していること、また、経済・社会・環境のすべての側面において革新と持続可能性に対して明確な努力をしていることなど、地域における傑出した事例であることが認証されます。

2.「UNWTO ベスト・ツーリズム・ビレッジ」のアップグレードプログラム:このアップグレードプログラムは、上記1.の基準を充分に満たしていない地域を対象とするものです。これらの地域には、評価過程で不十分であると評価された分野の要素、足りない点を改善するよう、UNWTOとそのパートナーから支援を受けることができます。

3.「UNWTOベスト・ツーリズム・ビレッジ」ネットワーク:このネットワークは、経験と優れた実践例、学習及び機会を共有するための場を提供します。また、このネットワークには「UNWTOベスト・ツーリズム・ビレッジ」の認証を授与された地域、アップグレードプログラムに参加している地域のほかに、地域開発のための観光推進に携わる専門家、官民のパートナーが含まれます。

 BTVに認証された44地域(32か国)以外に、「UNWTO ベスト・ツーリズム・ビレッジ」のアップグレードプログラムには20地域が選定され、計64地域が「UNWTOベスト・ツーリズム・ビレッジ」ネットワークに参加することが決まりました。



【引用元】

https://unwto-ap.org/ap-topics/btv2021/



訪日再開前の今こそ、それぞれのインバウンド対策を!

USPジャパンでは、「戦略構築」から「実践対応」(情報収集、受入れ環境整備、プロモーションなど)まで、事業者さまのインバウンドお取組みを業界随一のエキスパートがサポートいたします。

訪日再開前の今こそ、2022年以降のインバウンド売上獲得に向けた施策準備の絶好機です!

初回ご相談は無料とさせていただきますので、お気軽にお問合せください! 

神林 kan@usp.co.jp 080-3404-6681

0コメント

  • 1000 / 1000