グローバルレポート|市場はすでに減速しており、中国は新たなCOVID発生に直面している。

JingDaily 2021年12月14日

  • 中国の浙江省は今年COVID19の最初の感染と闘っている。12月6日に最初の感染者が報告されて以来、1週間で同地域で217名が感染している。影響を受けている都市は寧波、紹興、杭州。ロイターによるとこれら都市は2020年、省の経済生産高約USD1.02兆の50%以上を担っている。浙江省の5万以上が現在決められた施設で検疫中であり、医師たちは市民、約50万人の健康をモニターしている。さらにいくつかの企業は生産を中止。”ファッションビジネス”の報告によると中国上場企業10社以上がCOVID19の制限のため浙江省の工場を一時的に閉鎖している。またスポーツイベント、旅行ツアーもキャンセルとなり、寧波櫟嶺国際空港、深圳、北京間の国内フライト止まっている。
  • 浙江省が中国のGDPの6%を占める裕福な地域であることを鑑みると、生産停止、遅れは経済に打撃を与える。さらにこの地域の生産が減少しているため現状のサプライチェーンの混乱はさらに悪化するようだ。
  • 中国がこの新たなCOVID19発生の舵取りをすることで、西側のビジネスは商品の欠損、遅れにより、さらなる打撃を被るだろう。同様に西側諸国の消費者は海外の商品到着をさらに長期に待つことを強いられる。また衣料品工場、染色工場が閉鎖されることでテキスタイル、アパレルマーケットは最も大きく打撃を受けることになろう。すべての産業同様、ラグジュアリーも影響を受けるだろう。
  • 自宅軟禁のシステムのおかげでこれら消費者は実店舗が運営可能になり、COVID 19関連の制限が撤廃されるまでホリデーショッピングを延期するだろう。

0コメント

  • 1000 / 1000