訪日意欲 中国・英国は22年中、豪州は23年以降 ~JTB総研~

【USPジャパンの視点】

要約

① Cint Japan 株式会社と株式会社 JTB 総合研究所が、共同調査「中国・オーストラリア・イギリスからの訪日意向調査」の結果を発表した。

➁ 「日本への旅行者の回復は、回答者の居住国が日本から近い地域の方が早い」、「東京2020大会は、日本旅行への関心を高めるポジティブな影響を与えた」、「旅行者が旅行先を選ぶ決め手は国ごとに異なる」などのインサイトが得られた。

解説

「絶好機を逸した…」、コロナが長引き オリパラで旺盛になった訪日意欲を回収できず

 大会前に予見していた「オリパラで日本爆上げが起きるはず」は的中し各国の訪日意欲は旺盛になったようだが、それが渡航に結びつかなかったことは残念でならない。

 中国人の71.3%が 2022年末までに日本への旅行を検討。一方オーストラリアでは、2023年以降に旅行を検討する割合が42.4%と最も高かったが、この結果がイコール実際の訪日再開タイミングとならないことは言うまでもないだろう。

 興味深いのは海外旅行先を選ぶ決め手として「感染症対策の整備」をどれだけ重視しているか。中国人は「買物・食事の楽しみ」「自然やアウトドアの充実」に次ぐ3位(30.9%)だったが、豪州では11番目(15.7%)、英国でも10番目(13.9%)とあまり重視していないことが明らかになった。




【記事の概要】

 JTB総合研究所は、デジタルインサイト情報収集企業のCint Japan社と共同で「中国・オーストラリア・英国からの訪日意向調査」を実施し、その結果を発表した。今回の調査は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が、消費者の旅行計画にどのような影響を与えたのかを検証するもの。

 その結果によると、中国では海外旅行を予定している回答者のうち71.3%が2022年末までに日本への旅行を検討。オーストラリアでは、2023年以降に日本への旅行を検討する割合が42.4%と最も高くなった。

 また、東京2020大会をきっかけに訪日したいと答えた人の割合は、中国6%、英国30.2%、オーストラリア26.7%となり、東京2020大会が日本旅行への関心を高めるポジティブな影響を与える結果になっていることがわかった。

 このほか、旅行者が旅行先を選ぶ決め手については、中国人旅行者は、「買い物や食事を楽しめること」「自然やアウトドアを楽しめる環境が充実していること」の回答が多く、オーストラリアと英国では「リゾートでリラックスできること」「泊まってみたい宿泊施設があること」中国よりも高くなった。

【調査概要】

調査手法:インターネットアンケート調査

調査期間:2021年9月29日(水)~10月4日(月)

対象者:中国(578名)、オーストラリア(569名)、イギリス(572名)に居住し、海外旅行に全く関心がない人を除く20 歳以上の男女


【引用元】

https://www.travelvoice.jp/20220113-150277


訪日再開前の今こそ、それぞれのインバウンド対策を!

USPジャパンでは、「戦略構築」から「実践対応」(情報収集、受入れ環境整備、プロモーションなど)まで、事業者さまのインバウンドお取組みを業界随一のエキスパートがサポートいたします。

訪日再開前の今こそ、2022年以降のインバウンド売上獲得に向けた施策準備の絶好機です!

初回ご相談は無料とさせていただきますので、お気軽にお問合せください! 

神林 kan@usp.co.jp 080-3404-6681

0コメント

  • 1000 / 1000