アジアツーリスト動向【USP グローバルレポート】

アジアツーリスト動向【USP グローバルレポート】

JNTOとシンガポールエアラインは日本へのツーリズム促進を目的にパートナーシップを締結

JNTO And SIA Announce Partnership To Boost Tourism TO Japan

https://www.singaporeair.com/…/medi…/press-release/article/…

Singapore Airlines 2019年7月18日

JNTO とシンガポールエアライン(SIA)は日本と主要マーケット5拠点との間のツーリズム促進を目的に、協力の覚書き(MOC)を締結しました。

今回のパートナーシップの一部として、JNTOとSIAはシンガポール、オーストラリア、インドネシア、マレーシアからの日本へのツーリズムを促進するためのマーケティングに大規模な投資を行います。2018年の航空利用の規模により、JNTO, SIA双方でこれら市場は決めています。

この覚え書きを通じて、JNTOとSIAは2020年迄にツーリスト4,000万人を達成するための販促計画実施の支援を双方で行います。JNTOがエアラインとパートナーシップを組むのは初めてのことです。

シンガポールから日本への観光客の数は過去5年間で2.3倍に増加、2018年だけでみるとシンガポールからの旅行者の数は前年比8.2%増の437,280人となっています。同様にインドからの旅行者は14.7%, オーストラリアからは11.6%,マレーシアからは6.5%、インドネシアからは12.7%と其々増加しています。

SIAは現在東京(羽田、成田)、名古屋、大坂、福岡に向け週77便運行しています。地域子会社のシルクエアーは広島に週3便、低価格飛行機のScootは札幌、東京、成田、大阪に週37便運行しています。SIAグループではシンガポール、日本間、週117便運行しています。

「日本はレジャー、ビジネス旅行客双方にとってエキサイティングな旅行先です。このパートナーシップにより日本への旅行が成長するのを支援するため、JNTOと緊密に仕事をする事を楽しみにしています。」とSIAのシニアヴァイスプレジデントのウィルソン氏。

「東南アジア、近隣地域からのインバウンド旅行客は確実に成長しており、これら地域は日本にとって最も重要なマーケットです。SIAとのパートナーシップを通じ、シンガポールからだけではなく、東南アジア全ての地域、シンガポール経由で入る他の地域の旅行者の数も増やしたいと思っています。」とJNTOのエグゼクティブバヴィスプレジデントの蜷川氏は述べています。

日本語概要訳:USPジャパン

https://www.singaporeair.com/…/medi…/press-release/article/…

0コメント

  • 1000 / 1000