グローバルレポート|米国コロナウイルス:最新の地図と症例数

【新型コロナウイルスに関するUSPジャパンの記事投稿について】

当社は、海外メディア・海外機関による情報を概要翻訳し、早く共有することが皆様の判断に寄与すると考えています。危機感を煽る、または楽観視する意図はなく、記事の信頼性についても検証を待たず発信しています。

Coronavirus in the U.S.: Latest Map and Case Count

The New York Times  2020年4月16日

米国コロナウイルス:最新の地図と症例数

  • NYタイムスのデータベースによるとコロナウイルス感染死者は3万人以上、3日間で2,000人を超える死者が発表となっている。コロナウイルスの死者の3分の1を占めるNYでは222,000症例が確認されている。過去9日間のうち8日間で700名以上の死者が発表されている。NY以外の北東部でも症例が急増している。ニュージャージー、マサチューセッツ、などは増加し、コネチカットでは死者の数が前週の2倍以上となっている。
  • 全米で2500以上の老人ホームが感染し、これら施設の21,000以上の居住者、スタッフが感染、3800人以上が死亡している。43名以上の死亡が確認されたLife Care介護施設では犠牲者の多くは80代、90代だった。
  • ウイルス広がりの最初の数週間、感染を免れていた中西部もウイルスが拡大。361人を超える死者がいるシカゴでは10,100人を超える患者が存在。自粛を継続しなければ感染カーブがフラットにならないとイリノイ州知事も警告。
  • 住民の約3分の1が黒人であるルイジアナ州ではコロナウイルス患者のほぼ60%がアフリカ系アメリカ人。ミシガン州では住民の15%以下が黒人であるが、ウイルスでの死亡者の40%は黒人となっている。イリノイ州のケリー議員は何百年にもわたる地域での健康格差が要因であると指摘。
  • 多くの産業労働者がオフィスに行くのをやめているが、警察官は最も被害を受けた地域でさえ毎日のパトロールを行い、目に見えない脅威にさらされている。ニュージャージー州では数百人の警察官、州兵が陽性反応を示している。
  • 3月初旬に感染者がいなかったルイジアナ州、数週間で感染者が急増22,000名が感染し、1,100が死亡。
  • シカゴの刑務所では少なくとも598名の受刑者、職員の感染が確認。3名の死亡も発表されている。連邦刑務所はコロナウイルス対策が不十分。マスク、手指消毒、石鹸などの基本的な備品が不足している事が指摘されている。
  • 全国的な感染拡大が続くなか、場所によっては拡大が鈍化している地域もある。NY州は最悪期は脱出したと予測。サンフランシスコでも新規感染者数は横ばいとなっている。ワシントン州のキングカウンティーでは感染者増加率が横ばいの傾向となっている。症例が急増した後は新規感染者は3週間100-270の間で推移。
  • 感染要因はウイルスにどのくらい接近するか、感染者とどのくらい長い時間ともにするか、感染者の飛沫を浴びるか、どのくらい自分の顔にさわるかなどによる。そして手洗い、感染者との距離をとる、家族へのそなえなどが必要となる。

0コメント

  • 1000 / 1000