訪日外国人動向【USP グローバルレポート】

訪日外国人動向【USP グローバルレポート】

特別な宿泊施設、サービスで裕福な外国人旅行者を狙う京都の企業

Kyoto firms target rich foreign travelers with exclusive accommodations and services

https://www.japantimes.co.jp/…/kyoto-firms-target-rich-fo…/…

2019年5 月9日

海外の富裕層向けの高額なガイド付きツアー、そして高価な宿泊で伝統的な文化を体験するツアーが歴史の町京都で人気となっています。

舞子、芸子などの伝統的なサービス、また1泊100万円を越える宿坊での宿泊サービスなどもあります。これらは物を購入するよりもユニークなイベントを体験することを望む旅行者達の要望に応えるものです。

Exclusive Kyoto Incでは未だに一見顧客を断る祇園のような地域で、2016年からお座敷経験のできるサービスをスタートさせました。海外のお客様が通訳を通じて舞子、芸子との会話を畳の部屋で楽しみ、彼女達の舞を鑑賞するものです。ガイドの手数料混みで通常価格よりも高い値段になっています。既に80組がこのサービスを受けています。

仁和寺では木造建築を改修し、2018年に松林庵をオープンしました。1組だけを受け入れ、価格は税ぬきで一泊100万円です。滞在中は僧侶の執務室である御殿を使うことが出来、また追加で雅楽、生け花などの体験も可能です。宿泊費の一部は寺への寄付となります。2012年以来仁和寺への訪問客は毎年10%ずつ減少し、寺の収入が減少していました。宿泊費を寺の修繕、維持費に当てて行く予定です。

1月にオープンしたばかりのThe Thousand Kyotoホテルでは宿泊者が望めば通常一般公開していない寺への訪問などを特別サービスで受け付けています。ホテルの価格は一泊6万円から22万円くらいです。「お客様の経験消費の需要が高まっており、高品質なサービスを提供することで顧客の満足を高めたいと思っています。」とホテル従業員は語っています。

日本語概要訳:USPジャパン

https://www.japantimes.co.jp/…/kyoto-firms-target-rich-fo…/…

0コメント

  • 1000 / 1000