UNWTO|”言葉だけでは仕事は救われない”UNWTOがツーリズム回復のための政府の行動を呼びかけ

全世界:2020年4月17日

UNWTOによりグローバルツーリズム危機委員会が招集されました。人々の生計手段、そして社会で最も脆弱な人々を保護するため、政府が出来る限りの事を保証するよう促すためのリーダーシップをとります。

  • UNWTO、言葉ではなく幅広い行動を呼びかけます。世界の指導者に対し、ツーリズムに関連する税、雇用政策の再考を促し、企業が存続してより広範囲な復興活動を推進できるよう要請します。
  • ツーリズムが雇用を促進するばかりでなく、平等、包括性を推進するユニークな能力があるということを政府が理解する機会となります。旅行業界は社会の回復を助ける能力があります。
  • ロックダウンの先に見えるもの。UNWTOの報告によると1月末から世界の旅行先96%は旅行制限を設けています。UNWTOは安全が確保されたらすぐに旅行制限を解除するよう政府に呼びかけています。危機委員会は復興計画に取り組んでいます。国の成長を支援するため、まもなく回復技術支援パッケージをスタートします。メンバーは今後市場を改善し、能力を向上し、ツーリズム業界促進をはかります。
  • 一つとしての観光。UNWTOはCOVID-19の影響を緩和し、回復にむけての観光を準備するために観光部門の全部門、国際機関を一堂に集めて団結した対応を策定するグローバル観光危機委員会を設立。国連からはWHO,ICAO(国際民間航空機関)、IMO(国際海事機関)の代表が含まれている。アフィリエイトメンバーは民間セクター、市民社会、学界メンバー、IATA(国際航空運送協会)、ACI(空港評議会国際)、CLIA(クルーズライン国際協会)、WTTC(世界旅行&観光評議会)などが加わっています。

株式会社USPジャパン

インバウンド(訪日外国人旅行者・観光客)対応を中心に企業・店舗・地域の集客・売上向上につながる戦略と情報をご提供します。

0コメント

  • 1000 / 1000