グローバルレポート|旅行が出来ない中、インフルエンサーマーケティングの余地はあるのか?

PhocusWire by Jill Menze  2020年5月1日

Covid19は物理的に旅行を停止させただけでなく、各社、ブランドのマーケティングの予算もカットしている。しかし、インフルエンサーマーケティングの代理店  Travel Mindsetによるとソーシャルメディアを介した関わりは増加し、インフルエンサー、ブランドの73%以上が通常の2倍になっていると報告している。インフルエンサーマーケティングにお金をかけるべきかの問いに対してトラベルマインドセットの副社長は”そうすべき”と回答。

  • ローカルの力:通常観光局は地元のコミュ二ティーを引きつけようとはしないが、今は彼らが地元の支持者になるチャンス。どのレストランがテイクアウトできるかというシンプルな事を伝えている。地元のインフルエンサーは目的地をいかにサポートするかを話し合っている。また地元のインフルエンサーは旅行先の最新の政府、健康に関したガイダンスを伝えることができる。例えばフィンラドはインフルエンサーキャンペーンを通じてCOVIDをどのように扱うかなどのガイダンスを広く伝えるのに成功した。
  • 信頼:インフルエンサーが最も役に立つのは、再度旅行が再開された時にその旅行が安全であるかについて彼らを信頼出来るかということ。制限が解除され、目的地がオープンになったとしても皆が旅行出来る準備が整っているわけでもなく、目的地も万全とは言えない。旅行者はどのように行くかなど、安全への懸念がある。この”新常識”に旅行者たちはインフルエンサーの最初の旅行を参考にする。ますます旅行者たちはインフルエンサーの言葉に従うようになる。そこで重要なのは信頼できるインフルエンサーを選び、関係を構築すること。インフルエンサーは旅行が地元の生活にどのような影響を与えるのかを理解することが重要。
  • 需要を喚起:旅行者がどこに行こうかと思案する際、彼らの頭の中にすぐ浮かぶようにブランドは認知度を高めている必要がある。インフルエンサーは需要創出に優れており1日に何回も視聴者と話をしている。インフルエンサーマーケティングは比較的安価でありインスタなどを通じて独自のチャネルを開発している。インフルエンサーマーケティングはこの数年高騰しているが、適切なパートナーシップにはお金を払う価値があるかもしれない。また目的地を一度訪問した誰かではなく、長期に渡りその場所にいる人を見つけることが大切。そして長期の関係を構築し、変化を共有することは価値がある。現状況がどのくらい継続するか不透明な中、気軽に電話をかけられるパートナーがいることは価値がある。

株式会社USPジャパン

インバウンド(訪日外国人旅行者・観光客)対応を中心に企業・店舗・地域の集客・売上向上につながる戦略と情報をご提供します。

0コメント

  • 1000 / 1000