韓国ツーリスト動向【USP グローバルレポート】

韓国ツーリスト動向【USP グローバルレポート】

Lotte Duty Free Posts All-time Sales High in 2018 as Online and Daigou Business Soars

オンライン、代購ビジネスが急増し、2018年ロッテ免税店の売上は過去最高を記録

https://jingtravel.com/lotte-duty-free-sales-2018-daigou/

Jing Travel 2019年1月8日

韓国ロッテ免税店は昨年7.5兆ウオン(約7,200億円)超の売上を記録したと発表しました。前年比25%増は過去38年の歴史で最も高いものです。明洞の旗艦店売上は4兆ウオン(約3,850億円)超で前年比35%増です。ロッテデューフリーワールドタワーの売上は1兆ウオン(約960億円)超となりました。

新たに就任したロッテ免税のリー・キャップCEOは「急速な市場の変化にもかかわらず、ロッテ免税店は過去38年間の運営で記録破りの売上を達成しました。業界のリーダーとして今後も業績を上げるように努力してまいります。」とコメント。ワールドタワーのツーリストサービスとラグジュアリーブランドのおかげでこの素晴らしい業績が達成できたと述べました。

代購買い物客(中国顧客に変わって買物を行う大口顧客)の増加もロッテの売上に大きく貢献しています。2017年3月に始まった中国とのTHAAD以来、中国人のツーリストが減っていたのを彼らが補った結果となっています。

オンラインブーム

ロッテ免税店のオンラインの売上は50%増となり2018年の売上は2兆ウオン(約1,900億円)となりました。これは全売上の25% 、2013年の8%から3倍以上の伸びとなっています。販売促進の成功が売上増の要因と考えられます。

投資

設備投資のおかげで業績が好調となっています。2016年8月には明洞店の12階を増床。2018年10月には旗艦店の1階にスターアヴェニューコーナーをオープンし130ブランドを擁する519平米のブルーミングビューティーをオープンしています。昨年4月には主要VIP顧客のためのスターラウンジを公開。シャネルやスワロフスキーなどのブランドイベントへの招待は人気となりました。

歴史

ロッテ免税店は1980年に明洞店からスタート。以来韓国のNo.1の免税店となっています。1980年の年間売上は22億ウオン(約2億円)、2011年の中国人旅行ブームには1兆ウオン(約960億円)を超え、2015年には2兆ウオン(約1,900億円)、2016年には3兆ウオン(約2,900億円)に達しました。

日本語概要訳:USPジャパン

https://jingtravel.com/lotte-duty-free-sales-2018-daigou/

0コメント

  • 1000 / 1000