タイツーリスト動向【USP グローバルレポート】

タイツーリスト動向【USP グローバルレポート】

Now Tourist can Claim VAT refund in downtown Bangkok

バンコクのダウンタウンでVAT払い戻しが可能に

https://www.retailnews.asia/now-tourist-can-claim-vat-refu…/

Retail News Asia 2018年12月21日

「観光客のためのダウンタウンVAT払い戻し」に関し、タイ政府は旅行者が小売店での買物のVAT払い戻しの手続きをさらにやり易くするため、バンコクの中心に複数のカウンターを設けることを発表しました。タイバーツでVAT払い戻しができるようにすることにより、観光客がタイでさらに買物を続けることを狙っています。旅行者の利便性だけでなく、本キャンペーンにより小規模ビジネスにも成長を促し、収入をバランス良く配分することを狙っています。サイアムパラゴン、セントラルワールド、セントラルチットロム、ロビンソンスクンビット、エンポリアムのバンコク中心部でVAT払い戻しができるようになりました。

サイアムピワットCo.Ltd.のヴァイスプレジデントは「サイアムパラゴン、サイアムセンター、サイアムディスカバリーでショッピングする観光客がサイアムパラゴンでのVAT払い戻しを便利だと感じるばかりでなく、商品を購入したすべてのツーリストは歳入庁の政策に従って必要な手続きができます。同地区には何百もの小規模の小売店、会社、20を越えるホテルがあり、人気のショッピング街サイアムで購入した人々にとってはサイアムパラゴンでのVAT払い戻しは非常に役立ちます。」と語る。統計によるとワンサイアムには一日40万—50万のショッピングツーリストが訪れ、サイアムパラゴンの店舗で1日平均938のVAT払い戻しフォームが記入されています。「これらのカウンター整備は旅行者がタイ訪問を決定するための助けになるばかりでなく、払い戻された金額でバンコクでの消費をさらに促すことにもなります。結果、経済を活性化させる助けになります。タイを訪れる観光客にはプラスの影響があると思います。それは数だけでなく、頻度も上がるということです。」

VAT払い戻しカウンターの設置はツーリズム業界に以下の影響を与えます。

1. VAT払い戻しを受けた後に観光客が使う金額は小規模小売業者、企業を助け、タイ経済を強化します。2. 売上高と売上高の伸びは経済成長率と観光消費収入に比例します。3.スワンナプーム空港とドンマン空港でのVAT払い戻しが大幅に減少したことはサービス改善の兆しがあることを反映しています。4.観光客のVAT払い戻しは地元の小売店がより多くの売上を生み出すための良い機会を提供します。

日本語概要訳:USPジャパン

https://www.retailnews.asia/now-tourist-can-claim-vat-refu…/

0コメント

  • 1000 / 1000