グローバルレポート|6月に旅行者受け入れを計画する人気の旅行先

グローバルツーリズムフォーラム 2020年6月2日

Covid19は世界で猛威を振るい続けているが、ヨーロッパの多くの国ではピークが過ぎつつある。5月29日時点で世界では感染者が5,946,393、死者が362,935、回復者が2,608,515となっているが多くの地域でCOVID19の制限は緩和されている。カリブ海の島々は6月に海外観光客の受け入れ準備をしており、メキシコ、タイなども地域によって緩和する予定。旅行者は自国の旅行制限、もしくは検疫を出発、到着両方でチェックする必要はある。国によっても検疫期間、検査方法も様々。多くの国はまだCOVID19の感染が収まっていない国からの入国は制限している。以下は6月の最も人気のある観光スポット状況。

  • アルバ:正式な開放日は未定だが6/15-7月にかけて順次観光客を受け入れる計画。観光省は健康、安全には十分注意すると表明。
  • アンティグア島、バーブーダ島:6月4日からツーリストを受け入れる。アメリカンエアライン、カリビアンエアライン、ブリティッシュエアウエイズが就航。
  • セントルシア:6月4日よりツーリストを受け入れる。米国からのフライトを主に、夏季期間中ホテル1500室を準備。
  • メキシコ、カンクン&リビエラマヤ:メキシコのキンタナロー地区は6月1日に開放となるが、カンクン、リビエラマヤは6月8-10日の予定。
  • フロリダ、キーズ:6月1日から第一段階としてホテルの50%がオープン。第二段階は6月中旬以降。
  • 米国バージンアイランド:6月1日より開放。”USVI旅行業界の健康と安全に関するガイドライン”を発行。
  • キプロス:ホテルは6月1日より再開。海外旅客機は6月9日。キプロスは観光産業を元に戻すことに熱心に取り組み、旅行者がもしCovid19に旅行中に感染した場合は費用を負担することを表明。
  • ギリシャ:6月中旬。当面は許可された国からの旅行者をアテネ国際空港のみ6月15日まで受け入れ、全飛行場での受け入れは7月1日から。
  • トルコ:まずは国内旅行からスタートし、海外旅行者受け入れは6月中旬から。
  • イタリア:EU域内からの旅行者受け入れは6月3日から。他諸外国からの受け入れは6月15日以降となる。
  • アイスランド:6月15日より開放。旅行者は検査か検疫14日間のどちらかを選択。
  • 英国:来月より海外旅行者受け入れ開始。しかし14日間の検疫が必要。6月8日に新法が成立となり諸外国からの帰国者に適用される。

0コメント

  • 1000 / 1000