グローバルレポート|カタールは旅行業界で「カタールクリーン」プログラムをスタート。

ST(ショッピングツーリズム) 2020年8月30日 

カタールの観光協議会(QNTC)は同国保健省と共同で全ホテルに対し、海外のツーリストを同国に迎えるに際して、「カタールクリーン」プログラムを立ち上げた。

  • 世界での最高の安全基準を検証して開発された「カタールクリーンプログラム」は同国の観光施設において厳しい消毒、衛生基準を確実に実行するものだ。テスト期間を経、プログラムは5月、6月とフェーズ1を終えて、検証、進化をとげ、現在はレストラン、ショッピングモールなどの業界にも拡大。
  • 最初のステージでは全てのホテルの従業員、ゲストが殺菌、消毒の基準に従わなくてはならない。政府のガイドラインに従いCOVID19の拡散を抑え、さらにはホテル個別の対策をとってゆく。この基準を満たした会社は「カタールクリーン」の証明を得ることができ、すでに100件のホテルが証明を取得。現在カタール第4フェーズの再開計画のための第3フェーズに入っており、ショッピングモール、ヘルスクラブ、サロンは事業再開になっている。
  • 「カタールクリーン」証明取得には以下が必要。
  1. 各ホテルはカタールクリーンプログラムマネージャーを置き、マネージャーは従業員の教育を行い、プログラムの必須事項を遵守する。
  2. ホテルは毎日施設の消毒、清掃を実施し、全ての部屋、空調システム、機械、水タンク、トイレで消毒剤を使用し、指定されたゲストエリア、特にレセプションホールとロビーは厳しく滅菌する。
  3. 複数のゲストによるエレベーターの使用は禁止。最高の収容人数を30%とする。
  4. 顧客同志のコンタクトを減らすため、ホテルはチェックイン、チェックアウトの際、モバイルなど接触をさける方法を取る。また人同士の距離は6フィート(183cm)を守る。
  5. 従業員のシフト開始時には毎日検温をする。取引先、そしてゲストも同様に体温をチェック。兆候がある者は直ちに隔離し保険省にコンタクトする。

QNTCとカタール保健省は引き続きホテル、付属施設がプログラムの基準を遵守しているかをチェックし、守らない者に対しては制裁も課す。

  • カタールクリーンプログラムはCOVID19の拡散を防ぐための安全プログラムの一部であり、同国はEhterazという追跡アプリも紹介し、住民すべてに強制加入を義務付けている。QRコードでカラーシステムを利用しユーザーの健康状態を示し、COVID19に晒された全ての人に通知する仕組み。他にマスク着用、ソーシャルディスタンスも義務付けている。
  • Hamad 国際空港に到着した乗客は体温チェックシステムを通過し、PCR検査を受ける。旅行者の安全をさらに確実にするため定期的な表面、バゲージなどの消毒も行っている。

0コメント

  • 1000 / 1000